星日記



カテゴリ:温泉( 22 )


平山温泉

d0078060_22202416.jpg
キャンプの次の日は大雨で、早々にキャンプ場を引き上げ、夫の実家の福岡へ行く途中に
熊本にある平山温泉へ立ち寄りました。

というのも前日の夜、キャンプ場のロッジでお風呂に入ろうと湯をためると、何だか
水の色が茶色い。
よくみると、砂らしきものが混ざっている(@_@;)
一度全部抜いて、再度入れなおすと大丈夫だったけど、なんだかすっきりしなくて、
温泉でまったりしたかった。

平山温泉はお湯がとろっしていて、お肌つるつる効果も抜群だから、熊本在住時代に
何度か通ったことのある温泉。
いつもは「湯の蔵」に行っていたけど、ここは家族風呂がない(あるけど高い・・・)。
ここの共同温泉なら大人一人350円で入れるんだけど、星がどうしても3人で入りたい
というので、家族風呂を探すことに。

そういえば「湯の蔵」の隣にあった「ほたるの長屋」というところが日帰り入浴の家族風呂だった
はずだと思い行ってみると、旅館に改装されてて、家族風呂ではなくなったという貼紙が。
でもよく見ると、改装キャンペーンで、お部屋にあるお風呂を1時間一人1000円で利用
できるとのこと。
しかもタオルやアメニティも使用可とのこと。
星は無料だし、ちょうどお客さんもいなくてすぐ入れたのでここに決定したら、大正解!!
私たちは「葦の穂」というお部屋に通されました。
d0078060_22445025.jpg
お風呂はこんな感じで、
右3分の1は立ち湯になっていて、竹にぶら下がって入るように、すごく深くなっています。
5月に出来ばかりと言っていたから、全体が新しくて清潔。
d0078060_22481478.jpg
アメニティもおしゃれなものが置いてあったし、タオルもバスマットもふかふか。
前日のお風呂が悲惨だったから、なんだか余計に天国みたいに感じました。

そして何よりいいのが、やっぱりお湯。
平山温泉のお湯はぬるっとしていて、流すと体にリンスをしたみたいにツルツル。
色は透明だけど、ほんのり硫黄臭があります。
もちろん源泉かけながしで新鮮な温泉がじゃぶじゃぶ。
d0078060_2253579.jpg
特にここから出てくるお湯が濃い気がして、そこからでたお湯を洗面器にためてずーっと顔を
つけてました。
もう、何時間でもつかっておきたいくらい気持ちのいいお湯です。
結局一時間なんてあっという間。
でもこれで2000円はとってもお得でした。

お風呂から出たあと、他のお部屋も見せてもらいました。
d0078060_2325622.jpg
隣のお部屋はこんな石のお風呂でした。
お部屋も素敵だったし、今度は泊まりで来たいなぁ。。。。なんて(#^.^#)

平山温泉は最近人気のようで、まわりの建物もおしゃれな感じにかわりつつあって、
何だかうれしいような、寂しいような複雑な気分でした。
[PR]
by yokohosi | 2009-08-18 23:12 | 温泉 | Comments(2)

別府・神和苑

d0078060_21141294.jpg
夫の試験も来週に迫り、今週も図書館にこもりお勉強。
土曜から夫のお母さんが遊びに来ているけれど、どこにも行かないのも何なので、
夫は置いといて、お母さんと星と3人で近場の別府へ遊びに行きました。
今回の目的は七変化の湯と言われる「神和苑(かんなわえん)」の温泉。
昭和初期、炭鉱王と呼ばれた創設者の別荘として建てられたもので、その敷地は13000余坪
と広大で、京都風の回遊庭園には、石造文化財が歴史を語り、本館にたどり着くまでの間、
眼を楽しませてくれる。
d0078060_21181196.jpg
温泉は想像以上のすばらしさ。
お宿の人も「今日はすごくいい色してますよ~」と言われたとおり、コバルトブルーのもの
すごく綺麗な色!
d0078060_2116275.jpg
こんな温泉の色は初めて。
源泉は無色透明だけど、酸化して日ごとにコバルトブルーから乳白色へと変化するみたいです。
d0078060_21203183.jpg
内湯は真ん中で仕切られていて、手前が42度くらいの熱いお湯。
奥は38度くらいのぬるい湯で、星にはこれがちょうど良いお湯だったみたいで、30分くらい
プールのように泳ぐまねをしながら楽しんでました。
このぬるい湯があるので、子供連れでも十分楽しめる温泉です。
露天風呂は、全体が緑沢山の日本庭園に囲まれていて、庭園露天風呂といったところ。
青く白濁したお湯は若干とろみがあるかんじ。特に匂いはないように感じた。

ほぼ貸しきり状態だったし、とてもお天気が良かったので開放感あふれ、満足のいく
お湯だった。
私の中では今まで行った温泉の中で1番いいかもしれない(^^)
d0078060_21175317.jpg
■入浴料:大人 800円 ・ 子供 400円
[PR]
by yokohosi | 2008-10-12 21:21 | 温泉 | Comments(6)

明礬温泉

昨夜から私の両親が遊びに来ていて、今日は一緒に明礬温泉へ。
何処へ出かけるにも、大人だけが楽しいところへ連れて行くのではなく、星が楽しめるところも
なるべくセットで連れて行ってあげたいと思う。
だから、今日も温泉行く前に公園で一遊び。
「鉄輪地獄地帯公園(かんなわじごくちたいこうえん)」というなんとも恐ろしい名前の公園だけど、緑も遊具もたくさんあって、とてもいい公園でした。
d0078060_14101760.jpg
なぜ地獄地帯公園というかというと、まわりは別府「地獄めぐり」という有名な観光名所だから。
硫黄臭がほのかに漂う中の公園遊びであります。
d0078060_14131564.jpg
今まで怖いと言って乗らなかった上の写真の↑これ。
初めて乗ってみたら相当楽しかったらしく、何度も何度も「もういっか~い!」といって
汗びっしょりになるまで遊びました。

思う存分遊んだ後は、メインの目的地、明礬温泉「湯の里」へ。
d0078060_14164471.jpg
ここは2回目。
標高350m。別府一の高台に位置する大露天岩風呂は別府湾や高崎山を望む絶景と共に
温泉を楽しめます。
強い硫黄臭と、湯の花たっぷりの真っ白いお湯はいかにも効きそうな感じがたまりません。
早めに行ったのでお客は私たち以外に一人のみで、のんびり、ゆっくり堪能できました。

その後は「岡本屋」で、腹ごしらえ。
温泉プリン、温泉卵等、いつもの定番メニューで、大満足。
明日からはハウステンボスで~す♪
[PR]
by yokohosi | 2008-09-20 14:24 | 温泉 | Comments(4)

サファリと寿司と温泉

d0078060_17362125.jpg
今日は朝からアフリカンサファリへ。
年間パスポートの更新です。1年間に4回も行ったから元は取れていて、さらに更新するか
迷ったけれど、更新しました。
今日はライオンの赤ちゃんと一緒に写真を撮ってみました。
星に抱っこさせようと思ったけど、子供はダメみたいで、結局夫が星を抱っこ、私がライオンを
抱っこ。
ライオンの赤ちゃん、とってもかわいかったけど、ず~っと写真撮影に付き合わされてちょっと
かわいそうな気がしました。

いつものごとくリスザルやカンガルー等と遊んだ後はお腹が空いたので、別府でおいしいと
聞いた回転寿司の「亀正」へ。
寿司飯部分は機械握りのようだったけど、ネタが大きくて新鮮でおいしい。
回転寿司にしては、かなりおいしいレベルなのではないかなぁと思いました。

腹ごしらえの後は、堀田温泉「夢幻の湯」へ。
ネットの検索通り、道が分かりづらい。
何度か道に迷い、近くを歩いているおばちゃんに道を聞き、ありえない様な細い一本道を進むと
やっと到着。
周りは山の木々のみで、何もなし。入り口も暗くて、ここに温泉があるの~?って感じ。
秘湯の匂いがプンプンしてきた。
入り口を入ると、熊本にあった清風荘「すずめの湯」を思い出した。
脱衣所と風呂が一体型。
風呂の隣で服を脱いで、そのままお風呂へドボン。
環境への配慮から、石鹸は設置されているもののみ使用で、シャンプー類は使用不可。
もちろんシャワーもない。
湯ノ花もたくさん浮いていて、温泉に浸かっていると、肌から吸収されて、しっとりしてくるのが
実感できる。
露天風呂は「七色の湯」と「夢幻の湯」の二つがあり、男女日替わりで交代。
「夢幻の湯」「七色の湯」の名の通り、時間の経過や見る角度で、湯の色が白、青、緑などに
変化するらしいが、曇りだったからか、変化は見られず。
d0078060_181321100.jpgd0078060_18133199.jpg
お湯は確かにいいと思う。でも、ちょっと、私には秘湯度が高すぎたかも。
[PR]
by yokohosi | 2008-09-14 18:24 | 温泉 | Comments(2)

My B.D. in 別府温泉 

d0078060_21312733.jpg
今日は私の誕生日。
夫が有休を取ってくれたので星も私も楽しめそうな、別府の杉の井ホテルに行ってきました。
目的はアクアビートという温水プールと、棚湯という温泉。
d0078060_21341390.jpg
波のプールあり、子供用の小さい滑り台あり、大人用のウォータースライダーありで、大人も
結構楽しめました。

プールの後はホテル内のレストランでバイキング。
別府を代表するホテルだから、豊後牛のステーキを出すとか、海の幸をもっと増やすとか、
もう少しメニューを考えればいいのにと思ってしまったけど、子供連れだとこういうところが
やっぱり気兼ねなく食事できるから仕方ない。

お腹を満たした後は、「棚湯」へ。
「棚湯」は5段からなる湯船を棚田状に広げた大展望露天風呂。(一番上の写真)
今日はいいお天気だったので、とーっても景色がきれいでした。
d0078060_2141255.jpg
寝転がって入れるお風呂や、打たせ湯、展望サウナ等あって色々楽しめる。
山の上で適度に風もあったので、すごく気持ちよかった。
何より平日だから人が少ないのがよかったな。
星は夫に入れてもらって、私は一人ゆっくりお湯を堪能。
星も棚湯から出ないといって、駄々をこねるくらい気に入ったみたいでよかった。
なかなか楽しい誕生日でした。
[PR]
by yokohosi | 2008-09-03 21:47 | 温泉 | Comments(8)

筋湯温泉@山荘やまの彩/お食事篇

料理自慢の宿というだけあって、お料理は本当においしかった。
メインは予約時に、「豆乳しゃぶしゃぶ」か「豊後牛の溶岩焼き肉」、「馬の焼肉」から選ぶ事が
できる。
私たちは、この宿の自慢とされていた「豆乳しゃぶしゃぶ」を選択。

まずは食前酒と手作りのクルミ入り豆腐。
鯛のカルパッチョの後は、甘エビとマグロ、ブリのお刺身。

目の前にある囲炉裏には炭をおこしてあり、鍋が温まると100%豆乳でできた湯葉ができあがり
特製のタレでいただく。
これがとてもおいしくて、星もパクパク。

鍋の隣では、新鮮なヤマメの串焼きを自ら炭火で焼く。
湯葉を食した後には豊後牛のしゃぶしゃぶを。
お肉が柔らかくて、本当においしい。
星も「しゃぶしゃぶ、しゃぶしゃぶ」と言って、肉ばっかりをバクバク。

鍋を楽しんでいる間にも、グラタンや、馬刺し、ウナギの焼き物とそうめん瓜の一品物が出て
きて、盛りだくさん。

もちろんデザートも美味。
d0078060_2318252.jpg
全部本当においしくて、大満足。

朝は朝で、これまた素敵な朝食で、ご主人のこだわり、カマド炊きのご飯は少しオコゲが入って
美味。
朝から御代わりしてみんなモリモリ。
d0078060_2335143.jpg
d0078060_233589.jpg
食後はカップボードの中から自分で好きなカップを選んでコーヒーを飲むことが出来ます。
d0078060_23363197.jpg
こんな遊び心も嬉しかったりするのです。


同じくらいのサービスを湯布院で受けようとすると、多分倍以上の値段はするでしょう。
かなり満足度が高くて私の親も連れてきてあげたいなと思うようなお宿でした。

ただ、一つ要望が。
このお宿、2歳の星も無料ではなく、大人の20%の宿泊料がかかりました。
それ自体は問題ないけれど、料金を支払うくらいだから、お料理とか星用に少しサービスが
あるのかなと期待していたのですが、通常のお宿で出るような、ご飯とお味噌汁といったもの
しか出てきませんでした。
料金を少なからず支払っているので、デザートぐらいは星の分も出してくれたらいいのになぁなんて、思ったりしたのです。

でもまた行きたいと思うお宿でした♪
[PR]
by yokohosi | 2007-09-27 23:45 | 温泉 | Comments(0)

筋湯温泉@山荘やまの彩/御宿篇

「山あいの湯治場」といった風情を残す筋湯温泉。
20数軒の旅館や共同湯が並ぶ温泉街から少し歩いて、渓谷沿いにひっそりとたたずむ
やまの彩」へ。
「敷地1000坪に、長屋風離れが6室」そんな雑誌のキャッチコピーに惹かれてこの宿を選んだ。
d0078060_1453962.jpg

結論から言うと、とてもいいお宿だったと思います。
料理自慢の宿というだけあって、お料理がとってもおいしかった。
d0078060_149953.jpg
チェックイン時には、女将さんが点てたお抹茶とお団子が出される。
こんなちょっとしたサービスが嬉しい。
しかもこのお団子がめちゃくちゃおいしかった。

平成14年オープンだから、建物は全体的にキレイ。
6室あるお部屋のうち、3室は露天風呂付き。
今回は露天風呂付きのお部屋は空いていなかったけれど、貸切可能な風呂が3つあり、お風呂
まではお部屋から歩いて数歩なので、別にお部屋にお風呂が付いていなくても貸切風呂を
いつでも利用できるので、十分温泉を堪能できる。(料金的にも露天風呂付きだと高くなるし)
d0078060_14151838.jpg
d0078060_14132384.jpg
標高1000mの所にあるお宿なので、お風呂から見える景色がとてもきれいでした。
もう少し紅葉が進むと、ものすごく美しい景色が見られると思います。

温泉は無色透明。
源泉の温度がとても高いので、加水して温度調節をしているみたい。
お湯が白色や鉄っぽい色だったり、硫黄臭がしないとなんとなく満足度が低いけれど、
次の日のお肌はつるつるになっていたので、やはり効果はあるみたい。
星のほっぺがやけにツルツルでした。
何より、貸切でゆっくり入れるのが嬉しい。

d0078060_14334065.jpg
筋湯温泉のメインとなる、共同浴場「うたせ湯」にも行きましたが、あまりにもお湯の温度が
熱くて、星が入ろうとするのを止めるのが必死で、すぐに出ました。
まあ、一応有名どころはおさえたって感じですが、あまりゆっくり出来ないので、
宿の温泉の方が快適です。

d0078060_1435122.jpg
宿のお庭のもみじが少し紅葉していて、とってもきれいでした。
つづく。
[PR]
by yokohosi | 2007-09-26 14:37 | 温泉 | Comments(2)

明礬温泉

海で遊んだ後は、汗を流しに別府八湯の中では最も山間にある明礬温泉へ。

メインの目的地だった「湯の里」で腹ごしらえをしようと思ったけれど、満席。
仕方なく「岡本屋旅館」が営むお食事どころ、「岡本屋売店」へ立ち寄ったんだけど、これが
大正解。おいしい!!
d0078060_2210258.jpg
帰ってネットで調べたら、温玉うどんや、地獄蒸しプリンは有名だったみたい。
温泉の蒸気で蒸したゆで卵や、お饅頭も本当においしかった♪

腹ごしらえの後は再び「湯の里」へ。
ここは、江戸時代から湯の花を作っている温泉で、その湯の花は、昔は薬として飲用・塗布されていたらしい。
なんだかそのうん蓄を聞いただけでも、効きそうな温泉って感じだけど、至る所から吹き出ている
蒸気と硫黄のにおいがいかにも温泉地って感じでこれから入る温泉に期待が膨らむ。

別府一の高台、標高350mの所にある露天風呂へ足を運ぶと、そこには乳白色の綺麗な
色をした温泉が!
d0078060_21563565.jpg
天気がすごく良かったから景色もいいし、気持ちいーー!!
たっぷり湯の花が入ったお湯は少し硫黄臭があり、アトピーなどの皮膚病や、疲労回復に
いいらしい。
温度はそんなに高くなかったから、星も嫌がらずに入っていたし、本当に気持ちよかったー。
国の重要無形民俗文化財に指定されたという、藁葺き屋根の湯の花小屋が並んでいる景色
も素敵だったし、ここは人におすすめしたい温泉です。
(入浴料:600円/1人)
d0078060_22223628.jpg

[PR]
by yokohosi | 2007-05-21 22:16 | 温泉 | Comments(6)

長湯温泉・ラムネの湯

昨日はかなり前から行きたかった温泉、「長湯温泉」に行ってきました。
長湯は大分県のくじゅう連山を、湯布院温泉、黒川温泉と三角形に囲む、「温泉黄金トライアングル」の一つ。

今回のお目当ては長湯温泉、「大丸旅館」の外湯、「ラムネ温泉」。
d0078060_13362493.jpg


温泉館とは思えないおしゃれな建物は、焼き杉と漆喰を使い、屋根には手捻りの銅版が張られ、何となくジブリワールドを連想させる。

浴室入り口が茶室のにじり口のように低くなっていて、なんとなく和の雰囲気が感じ取れるが、私はそこで頭を打った。

お風呂は42℃の温かい温泉と、32℃の低温泉の2つがある。
低温の方が、「日本一」だという、高濃度炭酸温泉。
暫く入っていると、青い小さな泡が全身にまとわりつく。
これがラムネの泡ににているところからラムネの湯という名前がついたとか。
炭酸ガスの作用で全身の血行が良くなり、疲れもむくみも泡とともに消え去るみたい。

温度が低く、長く入れるために「長湯」というだけあって、確かにいつまででも入っていられる
かんじ。
けれど、温泉内の注意書きには、「体への効果が強いため、30分以上続けて入るのは遠慮してください」と書いてある。
そして、温泉の効果を洗い流さないために、ここでは、シャンプーや体を石鹸で洗う行為は禁止してある。(環境への配慮もあるらしい)

私は化粧をしていたので、顔は洗わなかったけれど、夫は炭酸温泉に顔を暫くつけているとちょっとヒリヒリしたみたいだから、それだけ効果が強いのかもしれない。

確かに今日の手足はツルッツルになっているから、ここの湯はかなりいいみたい!
今度は化粧をせずにいって、頭ごとつかるぐらいの勢いで入ってみたい。
d0078060_13364258.jpg

お風呂の後は、近くの「天風庵」でお食事。
趣のある建物が素敵でした。
ご飯を食べてから気付いたけれど、ここのレシートを持っていくと「ラムネ温泉」が200円引きになるらしい。
今度行く時は先にご飯を食べてから温泉に入らなければ。

リピート決定の温泉でした。
[PR]
by yokohosi | 2007-05-02 13:46 | 温泉 | Comments(2)

山川温泉 小杉庵

昨日から夫のお母さんを連れて1泊で山川温泉・小杉庵に行ってきました。
ここの売りは温泉とお食事。
温泉は全9室の部屋数に対して足湯も含めると6つのお風呂があり、
しかもそのお風呂は全て時間制限なしで家族風呂として貸し切ることが出来ます。
昨日も満室だったにも関わらず1度も待ったりすることなく、貸切風呂を満喫しました。
24時間入り放題だし、小さい子供がいると他の人を気にせずに貸切で温泉を楽しめる
というのは本当に有難いサービスです。

泉質は少し硫黄のにおいがあり、色は透明。
雑誌に書いてあった通り、100%源泉かけ流しで、湯の華も浮いてました。
お湯はさらっとしていましたが、効果は即効性があり、上がってすぐ肌のスベスベ感を
実感できました。
次の日にはスベスベ感にプラスしてしっとり感も加わり、お肌は絶好調です。
温泉に入るといつも思うのですが、1日でこんなに効果がでるなら、1ヶ月くらい入り続けたら
どんなキレイな肌になるんだろうと試したくてたまらなくなります。
d0078060_2274135.jpgd0078060_2275575.jpg
料理は今回部屋食のお部屋が取れなくて、お食事処でいただいたのですが、
お料理もさることながら、スタッフの方たちがとても親切で気の利く方ばかりだったのが
印象的でした。

まず小さい子連れに全く嫌な顔をせず、料理を頼んでいない星のためにご飯とふりかけ、
味噌汁などを用意してくれ、朝食ではお願いしたらわざわざミルクを温めてくれたり。
他にも子連れのお客は何組かいましたが、星がいちばんお行儀が悪く、うろちょろして
すぐに部屋の外へ出ようとして給仕の邪魔になっていたにも関わらず、スタッフの方は
星に優しい言葉をかけてくれました。

お料理は自慢の地鶏料理を2つと黒豚料理を1つ頼みましたが両方ともおいしかったです。
しかし、先ほども書いたけど食事中、星は本当に落ち着きがなく、すぐに外へ出てしまうので
夫と旦那のお母さんと私と3人で交代で星を見ながら食事をしなければならなかったので
はっきり言って全然落ち着けませんでした。
d0078060_2284016.jpgd0078060_2285085.jpg
せっかくのおいしい料理、お酒をゆっくり飲みながらもっと堪能したかったのに、
なんだかセカセカ急いで食べてしまったのでもったいなかったです。
お母さんももっとゆっくりしたかっただろうに。

でも全体的には満足のいく旅行でした。
これに懲りずにいろんな温泉を開拓していくぞ~!
[PR]
by yokohosi | 2007-01-06 22:11 | 温泉 | Comments(2)


星の成長とまわりの出来事
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30