星日記



体操教室

d0078060_21562166.jpg
先週の木曜日は今まで通っていた体操教室の終了式でした。
約1年半通った母と子の体操教室。

通い始めたときは上手にお話も出来なかったのに、今では先生にマイクを向けられると
ちゃんとフルネームで「〇〇た 〇〇〇です!」って大きな声で言えるようになりました。

絵本の読み聞かせタイムでは、私のそばから離れられなくていつも私の膝の上で
聞いていたのに、今では私から離れて先生のそばまで走って行き、一番前で
しっかり聞くことができるようになりました。

途中、とても体操教室に行くのを嫌がる時期があり、辞めてしまおうか、先生と相談した
時もありました。
でも今では体操教室が大好きで、毎回イキイキと楽しそうにしている星をみると、
やっぱり続けてよかったと思いました。
先生にも「あの時期を乗り越えて、お母さんが頑張って連れてきたから偉かったですね」
と褒められました。
子供の習い事ってその道のプロにするって訳でもないし、嫌がってるのに無理やり連れて
いくのもどうかなと思ってましたが、子供が辞めたいといったからといって、すぐに辞めさせ
たりするのは、よくないそうです。

この体操教室の先生方は元幼稚園の先生がほとんどで、とても経験豊かで、何でも
相談に乗ってくれ、とても適切なアドバイスをくれるのが私にとってありがたい事でした。

終了式では、表彰状を渡される時に名前を呼ばれると「はい!」と大きな声でお返事も
できました。手形と集合写真をお土産をもらってお別れ。

お教室が少し遠いこともあり(車で15分くらい)、私的にはもう進級はしないとこうと思って
いたのに、星に聞くと「続けたい」と。
だから4月からは一つ上のキッズクラスに通うことになりました。
キッズクラスはお母さんは体育館の傍で見てるだけで、授業中は子供だけで行動する
ことになります。
星にできるかちょっと不安ではありますが、きっと大丈夫でしょう。

最後の教室の後はいつものようにお友達とお弁当を食べて、体育館の周りにある自然
でお遊びタイム。
今回はつくしを見つけて、みんなでつくし採り。
この自然との時間が私は何より好きで、これがあったから体操教室を続けてきたと
言っても過言ではない。

いつも一緒に遊んだA君。
なんと最終日の教室の最中に、4月からの転勤が分かり、一緒にキッズクラスに行く
ことが出来なくなりました。
大分に来てからずっと仲良くしてもらっていたのでとっても寂しいけど、何となくこれか
らもずっとご縁がある気がします。

まわりに転勤族が多くて、何となくせわしい。
あっ、でも今回うちは転勤ありませんでした。
[PR]
by yokohosi | 2009-03-24 22:43 | 習い事 | Comments(0)
<< ストッキング 城島高原遊園地 >>


星の成長とまわりの出来事
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31