星日記



ピカソ展

d0078060_9291281.jpg

子供が小さいと映画鑑賞、美術館、コンサートなどといった洒落た場所へ行くのは夢のような話。
でも実家に帰っていることをいい事に、星を母に預けて、期間限定で開催されている「ピカソ展」
へ行ってきました。

突然だったけど、前職の同僚に連絡を取ると、偶然彼女も「ピカソ展」に行こうと思っていたらしく、一緒に行くことに。

まずは腹ごしらえ。
星と一緒だと絶対行けないようなお店でランチ。
久しぶりで積もる話がいっぱいの私たちの前に運ばれてくるお洒落なお料理。
それをゆったりとしたペースで口に運ぶ。

普段は自分の食事なんて二の次で、ボロボロ落としたり、立ったり座ったりしながら
食べる星の世話をしながら忙しなく食べる食事を、ゆっくり味わいながら食べられる。
こんな小さなことが幸せなのだ!
d0078060_931151.jpg

たっぷり2時間のランチタイムを取った後、いざピカソの世界へ。

抽象画のイメージが強いピカソだったけど、やわらかいタッチの水彩画や陶芸など、
意外な作品がたくさん展示されていてなかなかおもしろいものだった。

内容はさておき、何よりゆっくり美術館で絵を鑑賞する、そんなシチュエーションに
自己満足なのだ!
友達とおしゃべりをしながら街をブラブラする、そんな小さなことで大リフレッシュなのだ!!

でも帰る電車の中では「星は大丈夫かな」なんて考えて、駅から家まではちょっと小走りに
なったりする。
そして約6時間ぶりに星の顔を見ると何だかちょっと安心。
まあ、そんな感じなのです。
[PR]
by yokohosi | 2007-08-19 09:31 | お出掛け | Comments(0)
<< New PC インド人によるカレー教室 >>


星の成長とまわりの出来事
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30