星日記



七夕

d0078060_2252281.gif
昨日は七夕でした。
昼間はとってもいいお天気だったのに、夕方から一時的に雷と雨。

星は「おりひめ」と「ひこぼし」のお話は知らなかったから簡単に教えてあげたものの、
イマイチ理解できていなかったようで、図書館で絵本でも借りて読んであげればよかった
と思ったのでした。

でも幼稚園では折り紙に願い事を書いて笹に飾ったらしく、“雨が降ったら願いがかなわない”
と教わったようでかなり残念がっていました。

ちなみに星は何を願ったかと言うと、
 『ぴあのがじょうずにひけますように
 『ようちえんにいちばんにいけますように
の二つを書いたそうです。

2番目の願いは幼稚園が楽しくて仕方ない星にとって納得のいく願い事だけれど、ピアノは
ちょっとびっくり。
数日前、頂き物の電子ピアノを押入れから出してあげたら喜んで弾いていたから多分思いつき
で書いたのでしょう。

そして今日、幼稚園から帰ってきた星が突然、
やっぱりほしくん、このせかいにうまれてきたくなかった~
と泣きそうな声で言うのです\(◎o◎)/!

「どうしてそんなこというの~???」と私が聞くと、

だってどうせいつか死ぬからイヤダ」というのです。

「そうだね~・・・・」


「でももう生まれちゃったから仕方ないじゃん・・・・・
 しかも生まれてなかったらパパとママと会えなかったんだよ。」としか言えなかった私。

すると

こんどのたなばたのとき、1さいになれますようにってかこう。」というのです。

「でも1歳になってもまた2歳になって3歳になって大きくなっていくよ」っていうと、

そしたらまた七夕で1さいになれますようにってかけばいい」と言うのです。

最近やたらと「大きくなりたくない」という星。
「ずっとこのままでいたい」と言ってみたり。

「死」というものを認識でき始めたのか。大人になるという事への漠然とした不安が心の中に
芽生えてきているようです。
[PR]
by yokohosi | 2010-07-08 22:36 | 日常 | Comments(2)
Commented by apple at 2010-07-08 23:40 x
うちもあったよ~!!そんなとき。
サエが、「しんだらもうママに会えなくなるのはいや」とか、
「ママがおばあさんになるなんかいや」とか、
「ずっとようちえんがいい」とか、「みんなしなないほうがいい」とか、
「けっこんしてママと暮らせなくなったらいや」とか。
いろいろ言っていた気がするよ。

でも最近は、大きくなったら○○になりたいって、いろいろ言うようになったよ。

「死」に対するきちんとした認識はもっともっと大きくなった時か、
直面した時に出来上がるのだと思うけれど、
「漠然とした恐怖」という認識ができるのはとてもいいことだと聞いたよ。

今は核家族で、あまり死に直面しないし、その場面や空気を体験することがないから、
死に対する正しい(というと語弊があるかな?)観念が身に付かず、死を軽んじての事件が多いのではないか?と。

むずかしいけどね~。
Commented by yokohosi at 2010-07-11 22:32
★appleちゃんへ。
そうそう。少し前、サエチャンもそんなこと言ってるって言ってたなぁって思ってたの。
星も今その時期なのかも~。

でも「生まれてきたくなかった」なんて言われたら、ちょっとショックだったよ(>_<)
「小学生になりたくない」とかも言うし。

私も星がこのまま小さかったらなぁって思うことはあるけど(#^.^#)
<< 海水浴&釣り Water melon >>


星の成長とまわりの出来事
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31